yuhei.work

ホソダユウヘイのブログです。18時頃更新します。

大学生に伝えたい「GPAは高い方がいいんだよ」という話

f:id:yuhei0906:20180321200439p:plain

 

「何を当たり前のことを」と思っている人がほとんどだと思いますが、

一部のズボラなのにチャレンジ精神豊富で単位を落としがちな学生に伝えたいのでブログにしました。

 

今日、こんなニュース(というかブログ記事)を見つけました。

名門イリノイ大のデータサイエンス修士が、完全オンラインで取得可能

 

イリノイ大学といえば、2017年の大学ランキングでは、

世界43位の東京大学。のわりかし上に位置する36位の大学でございます。

 

世界的に見てみてもまったく謙遜無い素晴らしい学歴で、

それをオンライン授業でとれるということは、

世界中のどこにいても、何をしていてでも学位を手にする

チャンスがあるということなのです。

 

で、このイリノイ大学データサイエンス修士出願にあたっての条件(Requirements)がこちら。

・学士号・学部でのGPAが3.0以上(学部最後の2年のGPA、3.2以上を推奨)

オブジェクト指向のプログラミング

・データストラクチャーとアルゴリズムについての十分なバックグラウンド

・他のコンピューターサイエンスの修士を取得していない

 

「おいおい、別にGPA高くねえだろ」と思った皆さん。

僕は一部のズボラなのにチャレンジ精神豊富で単位を落としがちな学生に伝えたいわけであります。

 

やりたいことをやりたいだけチャレンジするあまり、

単位を落としまくっては居ないだろうか。自分は落としまくっていました。

 

結果、こういった話を聞いても、完全に可能性は閉じている思いなのです。

 

世間というか、大学生のコミュニティの中では「実際、就活にGPAとか関係なくて、コミュ力あればいいとこ受かるから〜。」という論調もあるわけです。

 

どうでしょうか。「入社」が目的だったらいいでしょう。

 

「入社後」。会社の中でステップアップしていく中で、大学院にいきたくなったとき、自分のやりたい事が見えてきた時、大学時代の成績に足を引っ張られて挑戦すらできない、という可能性もあるわけです。

 

「じゃあ大学入り直せばいいやん」というのも、難しい話になります。

 

まず、4年間ももう一回大学に通う余裕がお金的にも精神的にも無いわけです。

 

また、4年間通った後に入り直して4年間すごした所で、GPA(Grade Point Average)なので8年間の平均に為るわけです。※大学によりますけどね。

 

たいしてGPAも上がらんわけです。

 

これに似た話は「大学院」だけじゃなく「留学」にも関係ある話です。

 

1年・2年目でサボりにサボったニンゲンは、3年目で留学しようと思っても、「GPA足りねえじゃん!!」と為るのが落ちなのであります(俺)

 

なので。

 

特に、「留学もワンチャンありだな」だとか「将来もしかして大学院いくかもな」という方は、GPAもおろそかにせず勉学に励んでほしいと心から思っています。

 

ーー

 

みたいなブログを5年前に読みたかったので書きました(´・ω・`)